編入社会人のブログ

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

航空大学校の就職先

航空大学校の就職先についてです。

 

国内エアラインの約40%が航空大学校の卒業生で構成されていることから、航空大学校の航空業界における割合は非常に高いことがわかります。

 

具体的な就職先は、平成25~29年度で以下の通りです。

・ADO AIRDO

・AKX ANAウイングス

・ANA 全日本空輸

・APJ Peach Aviation

・HAC 北海道エアシステム

・IBX IBEXエアラインズ

・JAC 日本エアコミューター

・JAL 日本航空

・JLJ ジェイエア

・JTA 日本トランスオーシャン空港

・RAC 琉球エアーコミューター

・SFJ スターフライヤー

・SJO 春秋航空日本

・SKY スカイマーク

・SNJ ソラシドエア

・WAJ エアアジア・ジャパン

・官公庁(航空局、海上保安庁)

 

(航空大学校 学校案内より引用)

 

 

これらを割合別で並べなおすと、以下の通りです。

・ANA 全日本空輸   40.3%

・AKX ANAウィングス 21.6%

・JLJ ジェイエア    6.8%

・ADO AIRDO     5.8%

・APJ Peach Aviation  5.8%

・IBX IBXEエアラインズ 2.9%

・JAL 日本航空     2.9%

(以下、2%以下のため割愛)

 

航空大学校からの就職では約40%がANAへ、そして21.6%がANAウィングスであることから、全体の60%がANAグループへの就職となっていることがわかります。

 

その一方で、JAL、ジェイエアが合わせて、10%弱なのでJALグループへの就職は少ないことが特徴であると言えると思います。

 

 

以上の資料は航空大学校の学校案内から引用したものです。

 

航空大学校の受験の際の対策は以下の記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

 

www.snoopichan.com

 

www.snoopichan.com

 

 

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }