空飛びたいペンギン

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

訓練機は退避する

飛行機は空を飛びます。 空といってもとても広いです。 どれくらいの高さを飛んでいるのかというと、 一般的なエアラインの飛行機は、約10kmの高さを飛行しています。 ftに直すと、30,000ftの高度帯です。(ftはmを×3すると大体が出ます。) それと比べて、…

パイロット共通のスキル「CRMスキル」

CRMスキルとは、Crew Resource Manegementスキルのことです。 パイロットにおいて、安全運航を行うためには二つのスキルが必要と考えられています。 一つはテクニカルスキルです。 その名の通り、パイロットの技量に関するスキルです。 離着陸の技量等、安全…

訓練生はなかなか訓練できない

パイロットになろうとすると、もちろん訓練を行う必要があります。(当たり前) 訓練の形は様々ですが、訓練生はなかなか訓練できない、、 というのも一般的に、パイロットになるにはVFRという飛行方式で訓練を始めます。 VFRというのは、簡単に言うと外を見な…

METARについて気を付ける事

パイロットが航行に必要な気象情報を確認するうえで、よく参考にするのが、 「METAR」です。 航空関係でなければ、聞きなじみのない言葉だと思います。 「METAR」とは、定時飛行場実況気象通報式といいます。 ようは、その飛行場における気象情報を提供して…

Taxi中にもエルロン使ってます

飛行機がどのように動いているかご存じでしょうか。 パイロットは操縦桿を動かしてエルロンとエレベーターと呼ばれる部分を動かしています。 動きとしては上下にパタパタと動きます。 実はこのエルロン、地上でも使うことあります。 どんな時かといいますと…

高度のあれこれ

高度と聞いて、具体的にどこからの高さだろうと疑問に思った方は多いと思います。(そんな人おらん) 一般的に、高度は「AGL」と「MSL」があります。 「AGL」は、「Above Ground Level」→地上からの高さ 「MSL」は、「Mean Sea Level」→平均的な海水面からの高…

パイロットと気象

パイロットと聞いてどんな特徴が思いつくでしょうか。 英語が堪能 視力がいい 健康に気を付けている などなど、いくつかあると思いますが、 ”天気に詳しい”というイメージがあるのではないでしょうか。 確かに空を飛ぶので、天候との結びつきは強いです。 し…

台風の予報円の信ぴょう性

ある時、台風の推移について友達と話していると、(そんな友達普通はいません) 「台風の予報円ってなんなんやろな?」と一言。 知らんしで流そうとしましたが、確かになんやねんと思ったので調べてみました。 基本的な情報はこの図で説明されていますので割愛…

滑走路にある溝知ってます?

飛行機に乗りこんだら普段何をしてますか? お暇があれば、一度下側に目線を向けてみてください。 よーく見れば、滑走路に溝があることがわかると思います。 (手前のほうに溝があることがわかります) この溝のことを、 ”グルービング” といいます。 この溝の…

視程のあれこれ

視程という言葉に聞きなじみはありますでしょうか。 航空関係では、視程に係る言葉をよく使います。 例えば、 卓越視程 RVR(runway visual range) 気象視程 MOR(meteorological optical range) 飛行視程 地上視程 等があります。 気象の観点において用いられ…

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }