編入社会人のブログ

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

ahamoの5G通話料って?身に覚えのない請求

携帯料金を見直す機会もどんどん増えており、格安スマホ等のサービスも増えてきたと思います。

そこで、今回はahamoの利用の際の注意点を紹介します。

5G通話料に注意

ahamoを使用していて、5G通話料として多額の請求が発生した方も多いと思います。

5G通話料は、電話による通話料のことです。

ここでの注意点は、家族でドコモのサービスに加入していて、かけ放題を付けていた場合です。

例えば、父、母、兄、弟の4人家族で、子供が成人したきっかけに子供がahamoに切り替え、ドコモの家族プランは継続しているとします。

 

以前は家族かけ放題のプラン等に入っていて、母→兄、弟→父への通話はかけ放題。

しかし、ahamoに切り替えると、ahamo契約側からの通話は対象外になります。

つまり、ahamoに切り替えた兄、弟→父、母の通話は5G通話料が発生します。

私は、それに気づかず、普段通り通話し、5G通話料だけで6000円ほど発生していました。

家族かけ放題等のサービスを使っていた人がahamoに切り替える場合は、

+1000円でかけ放題オプションを追加するなどして、お気を付けください。

 

メールアドレスが使えない

もともとドコモで契約をしていた方は、末尾に@docomo.ne.jpがついているメールアドレスを使用していると思います。

ahamoに切り替えると、このメールアドレスが使えなくなるので、

切り替える前に、自分がアドレスを登録をしているサイト等を整理しておきましょう。

 

まとめ

ahamoはネットで登録できる分、お手軽ですが、店頭で販売員の方からの説明を受けることができません。

私のように通話料の仕組みを知らずに利用し、料金が発生してしまう事態にならないように、契約の際にしっかり説明を読みましょう。(自戒の念もこめて)

 

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }