ぶりぶりブログ

はじめまして!このブログは編入試験のせいで忙しい日々を送る大学生が書いています。野球と映画を愛する坂本勇人になりたい20歳です。

TOEIC勉強法 380から785に到達した勉強方法

f:id:Snoopichan:20200216141447j:plain

今回はTOEICに関する記事を書こうと思います。

 大学入学時380点だった僕が試験のために785点をとりました。

700点当たりを目指す勉強法として参考にしてください!

 目次

勉強する学生


勉強開始時の英語力

TOEICの勉強法は色々紹介されていますが

自分の初期の英語力はTOEIC350ぐらいでした。

 

初めから、センター試験は9割です!みたいな人とまったくの英語初心者の方では必要となる勉強は違うので気をつけましょう。

  

なにをしたか

僕が行った勉強は

公式問題集の音読です

 

先程も述べたとおり、英語が苦手だった僕は机に向かって英語の勉強を行うことができませんでした。

ただでさえ英語が苦手なのに、机に向かって勉強するなんて僕にはしんどすぎました。

 

なので勉強は

どこでもできるように

音読が中心です!

 

リーディング

最初にリーディング対策から説明します!

僕が行ったことといえば

  1. 解答の問題部分を精読してわからないところをなくす
  2. ひたすら読む

この2つです!(笑) 簡単ですよね(笑)

 

この勉強でのカギとなるのは1の作業です

 

誰だって勉強する中で自分の知らないことやわからないことがたくさんでてきたら滅入っちゃいますよね?

 

なので1の段階で問題文を顔なじみにしちゃえばいいんです!

 

英語は継続してなんぼなので2の読むを繰り返せるようになるために

読むことへのハードルを低くすることが狙いです!

 

 

ひたすら読むってどのくらい読むの?

と思った方もいるかもしれません

 

だいたい1つの文を100回読んでいました

多いと思うかもしれませんが1度にではないのでご安心ください(笑)

 

1の文を10回、

次の日に2の文を10回、

また次の日に次の文を10回

というように

 

小分けにしてしてみれば100回は多い数字じゃないと思います

 

1番大事なことはやる気の維持が大事なので

少しでも自分ができるように工夫することが大切だと思います!

 

リスニング

次はリスニングです!

 

こちらもさきほどと同じく音読が中心です

(音読ばかりでごめんなさい(笑))

 

リーディングと同じように本文を精読し、知らない単語やわからない部分をなくしていきます!

 

リスニング対策でリーディングと違うところは音源を聞きながら音読する点です!

 

音源を聞きながら行っていると文字では読めても

「何、言ってんの?」

となるところがあると思います

 

そう思うところは何度音読しても試験の本番では聞き取れないと思うので、音源を聞いて確認しましょう!

 

リスニングの音読で大事なことはCDの真似をするということです!

 

そうすることで

知らなかった発音などを理解でき、

英語のリズム感

にも慣れてくると思います

 

リスニングは効果が実感しづらいものなので

無心になって続けることが大事です!

 

まとめ

TOEICについてかかしてもらいましたが、いかがだったでしょうか?

冒頭でTOEICを嫌っているような発言をしましたが、実際スコアがとれると色々な選択肢が増えました!

大学で単位をもらえたり

インターンに応募できたり

英語に興味をもてたりといいことづくめです

 

僕もまだまだ初学者なので皆さんと一緒に頑張っていきたいと思ってます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ブログ、ツイッターのフォローもお願いします!

 

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }