編入社会人のブログ

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

やりたいことが見つからない人は商社を目指そう

就職活動でこんな悩みを持ったことはありませんか?

「やりたいことが見つからない」

「志望動機が書けない」

 

そう思ったことがある方、ぜひ商社を目指してみてください。

その理由を以下で説明します!

商材が多い

商社、特に総合商社は扱っている商材がとても多いです。

カップラーメンからロケットまでと例えられるように、本当に様々なものを扱っています。

そのため、同期や先輩同士で話していても、本当に同じ会社なのかと疑うぐらい、バラエティに富んだ話があります。

様々な刺激に触れる機会が多いので、自分のやりたいことを発見できる可能性も高くなります。

 

似たような人が多い

商社には、「やりたいことがなかったから、なんとなく商社」という人間が一定数います。

今、あなたはやりたいことがないと悩んでいるかもしれませんが、同様の考えを持っていた人はごまんといます。

そういった人が多いということは、逆に、やりたいことがない学生が受け入れられる場所であるともいえます。

 

次のステージへつなげやすい

私が、商社に入り、感じたことは、

意外とやめていく人、退職する人が多いということです。

 

先輩方の話を聞いていると、商社での実務経験はある種の看板になるのだとか、、

また、退職する人に対し、応援する風土が商社にはあると思います。(少なくとも私の会社にはありました。)

次のステップを見据えながら働くという点においては、ほかの業種と比べていい環境だと思います。

 

給与待遇がいい

言わずもがなですが、商社は給与は抜群にいいです。

30代で1000万円の年収も総合商社であれば、可能です。

五大商社ともなれば、20代で年収1000万円に到達します。

やりたいことがなく、どの仕事も同じと考えるなら、給与が少しでも高いほうを選びたいですよね。

 

最後に

私の周りでも、なんとなく商社を選んだ同期はたくさんいます。

現在、就活を行っていて、なんとなく商社がいいなーと考えていることは何らおかしくないです。

自分の動機の薄さを不安に感じることもあると思いますが、気にせず、自身の興味のまま、就活を進めていきましょう。

 

www.snoopichan.com

 

www.snoopichan.com

 

 

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }