編入社会人のブログ

経済学部から法学部への編入経験者の大学4年生が自身の編入試験についての記事を書いています。

三回目のワクチン接種とその後の経過

先日、三回目のコロナワクチンを接種してきました。

その際の、発熱の具合や体調の変化についてまとめていきます。

 

まず、1回目、2回目のワクチンの種類ですが、一回目、二回目ともにモデルナ社のワクチンを接種しました。

 

二回目の接種の時点では、39度に迫る熱が出て、接種した日の夜と、次の日は全く動けない状態でした。

接種した翌日に解熱剤を飲み、その日の午後から少しずつ動けるようになっていきました。

 

そして今回の三回目の接種ですが、ワクチンの種類は1回目、2回目とは異なるファイザー社です。

午後2時半に接種し、その日の夜は副作用が出ることなく、眠ることが出来ました。

しかし、朝起きると頭が重く、全身の倦怠感を感じました。

熱を測ってみると、37度6分で、少しだるかったです。

 

その後、昼にかけて徐々にしんどくなっていき、最もピークがちょうど12時頃でした。

その時の熱が37度9分で、頭が重く、体の節々が痛いという状態でした。

しかし、二回目のしんどさに比べると幾分か楽で、まだ活動自体はできるといった状態でした。

 

頭の重さと体全身の倦怠感が3時ごろまで続いていたので、解熱剤を飲みました。

すると、30分後ぐらいには頭の重さもとれ、通常の体調まで一気に戻りました。

 

解熱剤の影響もあるかと思いますが、二回目の接種と比べて楽だった印象です。

しかし、副作用はしっかり出て、何も活動できなぐらいにはなりました。

 

周りの人の反応を見ていても副作用が出ている人が大半なので、ワクチン接種三回目を控えている人は是非とも、解熱剤やスポーツドリンクなどを用意し、備えるといいと思います。

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }