編入社会人のブログ

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

引っ越しはミニマリストへ一歩踏み出すチャンス

今週のお題「引っ越し」

今、4月から始まる東京での新生活に向けて引っ越しの準備の真っ最中ですが、引っ越しの準備の際に気を付けていることが、「物を少なくする」ということです。

 

最近、ミニマリストの方の本や記事を目にすることも多く、必要最低限の物だけ持つという生き方に興味を持ちました。

 

そこで、この引っ越しの機会をミニマリストへの第一歩としようと決意し、引っ越しの準備を進めています。

 

その中で気を付けていることは、

・段ボールの数を少なくする

・一人暮らしの時に買いなおした記憶がないものは、新しく用意しない

・必要な物ではなく、ないと生活できないものを用意すること

これらの3つを意識しています。

 

私の場合は、会社の方が引っ越し業者さんの方で手配されていたので用意していただいた段ボールにつめていくという形です。

段ボールが10枚用意されていますが、なるべく少ない段ボールで済むように意識しています。

数に余裕があると、いらないものもなんとなく詰めたくなってくるので、半分の5箱で済むように考えると、自然といるもの、いらないものの区別がつきやすくなっています。

 

また、これまで一人暮らしをしていたので、新生活に必要な物はある程度あります。

なので、改めて物を整理した時に、持ってきたまま何にも使ってないなというものは思い切って捨てることにしています。

たとえば、一度も使っていない100均のピーラーであったり、ソフト用の柔軟剤等など、そういったものは私にとっては無くても困らないものなので捨ててしまうようにしています。

 

また、食器なども1人分のものだけ準備し、あとは処分することにしました。

新生活は寮生活となるので、部屋で誰かを招いて何かを食べることは少なく、外に食べに行く機会が多くなると思ったからです。

そうすることでかさばる食器も少なくまとめることが出来ました。

 

このようにして、モノの少ない引っ越しを進めていこうと思います。

 

引っ越しやミニマリストへのアドバイスがありましたらぜひともいただきたいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }