編入社会人のブログ

大学受験、編入試験、就活、航空大受験と筆者の経験ベースに、同じ道を進む方への力になることを目指し、発信しています。

大学生活の総括

皆さんこんにちは。

2月18日に名古屋大学法学部の成績が発表され、無事に卒業することが決定しました。

大学生活をついに終わりを迎えるということで、大学生活の総括をしていきたいと思います。

思い返せば、試験をいっぱい受けた大学生活だったと思います。

大雑把に振り返りますと、

2018年 4月 大学入学

2019年 10月 編入試験受験

2020年 4月 名古屋大学編入

2021年 8月 航空大学校受験

ここに加え、編入試験のためのTOEIC受験や、FP試験があり、

就活のためのTOEIC受験、内定者研修のための日商簿記、ITパスポート、MOS試験等々、

多くの試験を受けた印象が強い大学生活でした。

 

そこで私の大学生活の自己採点ですが、

85点!ぐらいですね。

 

勉強面では編入試験にも合格出来ましたし、航空大学校も現時点ではまだ可能性があるのでよく頑張ったと思います。

 

部活動に関しても小学校の頃から野球を続け、大学野球でもいい結果を残すことが出来たので悔いはありません。

 

残りの15点に値するのは、もっと行動することが出来たと感じているからです。

概ね自分のやりたいことには挑戦してきましたが、大学生活を終える今でもまだやりたいことややっておけばよかったことが残っています。

コロナ過で影響されたことも大きいですが、勉強を理由に多くの事をせずに無視してきてしまった後悔があります。

それは遊びだったり、旅行だったり様々ですが、ある意味大学生らしいことはあまりしなかったことが心残りではあります。

 

しかし、他の人がなかなか経験しないようなこともたくさん経験でき、沢山の事を学ぶことが出来たので、両親のお金で行かせてもらった大学ですが、その分の価値は得ることが出来たのかなと思っています。

 

今後は、社会人となり大学生ほど自由の利かない環境になると思いますが、大学で心残りに感じた「もっと行動することが出来た」という一点は意識して生活していきたいと思います。

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }