ぶりぶりブログ

はじめまして!このブログは編入試験のせいで忙しい日々を送る大学生が書いています。野球と映画を愛する坂本勇人になりたい20歳です。

FIRE 最強の早期リタイア術を読んでみた

みなさんこんにちは、

今回は僕が最近読んでみて、印象に残った本についてその感想、意見を共有、紹介したいと思います。

今回読んでみたのは、ブログタイトルにもあるように、

「FIRE最強の早期リタイア術最速でお金から自由になれる究極メソッド」です。

 

そもそもFIREってなんやねんという方に簡単に説明しますと、

Financial Independence Retire Earlyの頭文字をとったもので経済的経済的独立と早期退職を目標とするライフスタイルのことです。

近年「FIRE」という言葉は広く浸透され始めていて、僕も大学生になってからこの考えを知りました。

この本に対する意見や感想を共有できたらいいなと思います。

 お金持ちでなくてもFIREは可能

僕はこの本を読むまでは「FIRE」というのはお金持ちの人に限定されたものだと考えていました。

経済的自由になり、仕事をやめるには今後働かなくても生きていける分の十分な資産が必要になるので、それこそ資産何億!!みたいな人達の特別なものという認識でした。

しかし、この本では決してお金持ちのための本ではなく、そうでない人でも達成可能なものだと紹介されています。

今までのこういった「FIRE」系統の本と比べて違うところは「再現性の高さ」だと思います。

僕はまだ大学生で実際に自分のお金で生活し、税金を払い、暮らしていくといった経験をしていないので実体験ではありません。

しかし、「FIRE」するまでに至った経過も紹介されていますが、それは自分でも達成可能かもしれないと思えるものでした。

お金の使い方に対する考え

具体的な方法だけでなく筆者がどのようなマインドで生活されているかも紹介されています。

その中でお金の使い方について書いてあり、簡単に要約すると、お金の使い方を試行錯誤し痛みの伴う支出と痛みのない支出を理解することが重要であるとされていました。

この話を読んでとても納得しました。

例えば、僕の場合は洋服については興味がないので洋服に関する支出が下がっても幸福感は変わりませんが、食べることは大好きなので食費にさけるお金がへると途端につらく感じると思います。

人によって幸せを感じるポイントは違い、許せる支出と許せない支出が存在しているということです。

これを聞いて自分にあったお金の使い方を再考するきっかけになりましたし、見栄を張ってお金を使うことをやめようと思うことができました。

 

最後に

 

 

この本は「FIRE」とはなんだろう?と疑問に思った方が初めに読む教科書だと思います。

特にこれから資産を築き始める若い世代の人はぜひ一度読んでみてはどうでしょうか。

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }