ぶりぶりブログ

はじめまして!このブログは編入試験のせいで忙しい日々を送る大学生が書いています。野球と映画を愛する坂本勇人になりたい20歳です。

通学に2時間かけた感想 やっぱムダ?

皆さん、こんにちは!

ぶりぶりぶろぐです。

f:id:Snoopichan:20200227093313j:plain
今回の記事では通学時間がいかに無駄なものか、
かいていこうと思います。

この記事を書いている筆者は大学まで約2時間かけて通学していました。
2時間、通学にかけとどうなるかについて紹介します。
通学時間が長く下宿を検討している方はぜひご覧ください。

しんどい

2時間かけての通学はしんどいです。これは間違いないです。
2時間新幹線に乗っているならまだしも、多くの人は座れない電車や自転車だと思います。
そうすると、学校つくとき、または家に帰った時にはなにもしていないのにくたくたになります。

1日があっというま

2時間通学勢の僕が言うのだから間違いないです。2時間以上の人にとってはよりひしひしとかんじるでしょう。
往復で4時間、1週間で28時間、1か月で840時間、1年で10080時間、10年で、、、
多くの時間を使っています。はい。

4時に授業が終わり、1時間雑談して帰ったら7時、
ちょっともったいないですよね
通学時間が5分だったら空いた時間でゲームはできるわ漫画は読めるわおしゃべりはできるわでパラダイス状態です(そんなパラダイスでもない)

時間に縛られる

電車を利用していると時間におわれることになります。
50分の電車に乗らなければ遅刻だ!というように、時計を意識せざるを得ません。
家が近くにあればこの時間じゃないと間に合わない!と焦る必要もありません。
通学手段が公共交通機関だとどうしてもこちらから時間を合わせる必要が出てきてしまいます。

通学代がかかる

学生割引がつかえたり、通学定期券などでお買い得に購入できますが、家が近くであればかからない出費です。
電車にのるのだって無料ではありません。(当たり前)


結論としては、下宿したい! 以上です。

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }