ぶりぶりブログ

はじめまして!このブログは編入試験のせいで忙しい日々を送る大学生が書いています。野球と映画を愛する坂本勇人になりたい20歳です。

編入生の単位認定について

f:id:Snoopichan:20200319204441j:plain


編入を目指している人、または編入に合格した人は現在の大学での単位がどのように扱われるか不安に思っている人も多いと思います。

なので今回は実際に名古屋大学の法学部に編入した筆者がどうだったかを紹介します。

 先に結論から言うと、

名古屋大学法学部では単位は一つも認定されませんでした。

 

僕はもとの大学で二年生を終了の時点で、64単位を持っていました。

しかし、三年次に引き継げる単位数は0単位でした。

 

その代わりに、

英語や一般教養を含めた単位の必須科目を免除するという内容でした。

 

 

つまり二年間で取得しなければいけない単位は一般教養科目を除いた専門科目のみの必修科目でした。

 

一般教養科目が免除されているとはいえ、0単位から始まる専門科目を二年間で取得するのはなかなかの忙しさになると思います。

通常だと一年生のころから少しずつ専門科目を取りはじめるので、編入生は間違いなく忙しくなるでしょう。

 

他の大学では所属している大学の単位が認められる場合もあります。

なのでその場合は多くの授業を取っておいた方が多くの単位を認定される可能性が高くなります。

大学によってそれぞれ対応が違うので、合格後の場合は電話して確認するのがいいと思います。

 

ちなみに名古屋大学では経済学部でも単位は認定されていませんでした。

 

名古屋大学を受験することを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

.hatena-module-title{ font-size: 16pt; color: #4d504c; border-top: 2px solid #36A165; border-bottom: 2px solid #36A165; padding:3px 0px 3px 10px; }